脂肪吸引法の種類

脂肪吸引法にはたくさんの種類があります。痩せたい部分や脂肪吸引の量、費用によって数種類の方法を使い分けたり、また組み合わせたりするクリニックが多いです。

詳しく見てみましょう。チューメセント法は、生理食塩水で薄くした止血薬や麻酔薬を脂肪に注入して吸引します。最も基本的な手法であり、輸血の必要がなく、他の多くの脂肪吸引法と併用されます。ベイザ―脂肪吸引法は、振動のエネルギーであるベイザ―波を使って脂肪細胞を乳化させ、吸引する方法です。効率的で体の負担が少ないのが特徴です。ウルトラゼット法は超音波の振動エネルギーで溶かした脂肪細胞を吸引する手法です。他にも、注射器のシリンジで脂肪を吸引するシリンジ法や、レーザーを皮膚に当てて脂肪細胞を柔らかくしてから吸引するエルコーニアレーザー法、痩せたい個所に超音波を発する装置を当て、脂肪細胞を柔らかくした後、カニューレという管を挿入して脂肪細胞を吸い取る体外式超音波法などがあります。

進化した手法であるボディジェット法は、ジェット水流を用い脂肪細胞を分離させて吸引を行います。筋肉や神経、血管などへのダメージが抑えられるので、従来の手法より回復が早く体の負担が少ないのが特徴です。

ボディジェットとは