美容外科での脂肪吸引

太ることを、体に脂肪がついたと表現します。摂取するカロリーが消費するカロリーよりも多いと個々の脂肪細胞が大きくなります。これが脂肪がついた状態なのです。新しく脂肪細胞の数が増えるわけではありません。実は、脂肪細胞数は思春期以降には増えないのです。

LFD美容外科で行われる脂肪吸引というダイエット法をご存知でしょうか。食生活を見直したり、フィットネスクラブに通ったりといった通常のダイエットは大きくなった脂肪細胞を小さくして脂肪細胞全体容量を減らそうとする方法です。しかし、美容外科の脂肪吸引という方法では、吸引により脂肪細胞数を減らすのです。

脂肪には皮下脂肪とLFDの2種類があります。皮下脂肪には血管や神経がたくさんあります。それに対してLFDには血管や神経があまり含まれていません。LFDとは、人間が食事を摂ることができず、飢餓の状態になって初めて使用される脂肪で普段は燃焼されることなく、いざという時のために備蓄されている脂肪です。脂肪吸引法は、この備蓄用の脂肪であるLFDと、皮下脂肪の一部分を吸引により減らしてしまう方法なのです。
脂肪吸引法によるダイエットでは、食事を我慢したり、つらい思いをして運動をしたりすることなく痩せることができ、リバウンドが起こりにくい、痩せたい個所をピンポイントでダイエットできるなど、たくさんの長所があります。美容外科での脂肪吸引についてこのサイトで詳しく解説させていただきます。

脂肪吸引法の種類