脂肪吸引のすすめ

フィットネスクラブで行うエクササイズでも、もちろんダイエットは可能です。しかし、細くしたい希望の個所の脂肪がピンポイントで落ちるとは限らないのが現実です。脂肪を全体的に減らすことはできても、部分的に脂肪を減らすことは簡単ではないのです。例えば、どうしても1か月後までに体のある個所を細くしたい、などの強い希望があったりする場合は、脂肪吸引は有効な方法です。

脂肪吸引脂肪吸引は、単に脂肪細胞を吸引して減らすだけの方法ではありません。体を美しく魅力的なラインにデザインすることができるのが、脂肪吸引の最大の長所なのです。最近では、ドクターと手術後にどのようなボディラインを手に入れたいかを話し合い、手術後のスタイルをコンピュータ画面上でシミュレートできるシミュレーションシステムを持つ美容外科も出てきています。

脂肪吸引のもう1つのメリットは、リバウンドがしにくいという点です。脂肪吸引では脂肪細胞の数を減らすからです。思春期を過ぎた後は、脂肪細胞はほとんど増えません。つまり、20歳代以降に脂肪吸引をすると、いいスタイルをキープしやすくなるのです。短期間で痩せたいと強く願っているあなた。美容外科で脂肪吸引について尋ねてみてはいかがでしょう。

ボディジェットとは

ボディジェット法についてもう少し詳しく見てみましょう。ボディジェット法では希望のボディラインをより細かくデザインすることができます。また、脂肪細胞をムラなく取ることが可能で、仕上がりが美しいです。手術に要する時間は1つの部位あたりにつき30~40分と短時間であるのも長所の1つです。お顔も含めた体のあらゆる個所の脂肪吸引を行うことができます

ボディジェットボディジェット法では、まず脂肪層と筋肉層の間に、ジェット水流でウォーターポケットと呼ばれる水の隙間を作ります。この水の隙間により、カニューレという管の操作による筋肉層へのダメージが防がれ、痛みを感じることや、内出血の発生もほとんどなくなります。

なぜなら、このジェット水流には生理食塩水で薄められた麻酔薬と止血剤が含まれているからです。このジェット水流により局部麻酔が行われたことになり、痛みがない施術が可能になるのです。脂肪層をジェット水流で柔らかくし、ごく弱い吸引圧力で、神経や毛細血管を残し脂肪細胞のみを取り除いていくのです。

ダウンタイムと呼ばれる腫れが引くまでの時間も少なくて済みます。カニューレは水流により常に冷却されていますので、摩擦熱によって起きる皮膚へのダメージもほとんどありません。

脂肪吸引のすすめ

脂肪吸引法の種類

脂肪吸引法にはたくさんの種類があります。痩せたい部分や脂肪吸引の量、費用によって数種類の方法を使い分けたり、また組み合わせたりするクリニックが多いです。

詳しく見てみましょう。チューメセント法は、生理食塩水で薄くした止血薬や麻酔薬を脂肪に注入して吸引します。最も基本的な手法であり、輸血の必要がなく、他の多くの脂肪吸引法と併用されます。ベイザ―脂肪吸引法は、振動のエネルギーであるベイザ―波を使って脂肪細胞を乳化させ、吸引する方法です。効率的で体の負担が少ないのが特徴です。ウルトラゼット法は超音波の振動エネルギーで溶かした脂肪細胞を吸引する手法です。他にも、注射器のシリンジで脂肪を吸引するシリンジ法や、レーザーを皮膚に当てて脂肪細胞を柔らかくしてから吸引するエルコーニアレーザー法、痩せたい個所に超音波を発する装置を当て、脂肪細胞を柔らかくした後、カニューレという管を挿入して脂肪細胞を吸い取る体外式超音波法などがあります。

進化した手法であるボディジェット法は、ジェット水流を用い脂肪細胞を分離させて吸引を行います。筋肉や神経、血管などへのダメージが抑えられるので、従来の手法より回復が早く体の負担が少ないのが特徴です。

ボディジェットとは

美容外科での脂肪吸引

太ることを、体に脂肪がついたと表現します。摂取するカロリーが消費するカロリーよりも多いと個々の脂肪細胞が大きくなります。これが脂肪がついた状態なのです。新しく脂肪細胞の数が増えるわけではありません。実は、脂肪細胞数は思春期以降には増えないのです。

LFD美容外科で行われる脂肪吸引というダイエット法をご存知でしょうか。食生活を見直したり、フィットネスクラブに通ったりといった通常のダイエットは大きくなった脂肪細胞を小さくして脂肪細胞全体容量を減らそうとする方法です。しかし、美容外科の脂肪吸引という方法では、吸引により脂肪細胞数を減らすのです。

脂肪には皮下脂肪とLFDの2種類があります。皮下脂肪には血管や神経がたくさんあります。それに対してLFDには血管や神経があまり含まれていません。LFDとは、人間が食事を摂ることができず、飢餓の状態になって初めて使用される脂肪で普段は燃焼されることなく、いざという時のために備蓄されている脂肪です。脂肪吸引法は、この備蓄用の脂肪であるLFDと、皮下脂肪の一部分を吸引により減らしてしまう方法なのです。
脂肪吸引法によるダイエットでは、食事を我慢したり、つらい思いをして運動をしたりすることなく痩せることができ、リバウンドが起こりにくい、痩せたい個所をピンポイントでダイエットできるなど、たくさんの長所があります。美容外科での脂肪吸引についてこのサイトで詳しく解説させていただきます。

脂肪吸引法の種類